未分類

ミニ集塵機の製作6 【+セット面をつくる】

セット面を作るので、実際に使ってみました

今回のセット面はナラ材を使って作ります。

この材木は天板ように使います。

この手の材木はホームセンターなどに売っているわけではないので、材木専門店から購入します。

僕がお世話になっているのは服部商店さんです。

まずは、表面など、綺麗に加工できるように製材をするところからスタートです。

材木の表面を整えました

プレナーという工具を使って表面を整えますが、おが屑が缶いっぱいになりました。

もともと半分くらいおが屑がたまっていたと思いますが、もし、集塵機が無ければ、このおが屑が部屋中に飛び散ってしまいます。

表面を加工して、次は、寸法通りに材木をカットして形を作っていきます。

天板はできました

シンプルな天板の出来上がりです。

木は反るので、組み合わせて作ったほうが、その後の反りの問題も少ないように思えます。

僕が参考にしているインテリア雑誌はArt&Decorations という海外の雑誌で、そこに出てくる組み合わせて作ったテーブルの天板と同じように組み合わせて作っています。

製材の重要性

  • 寸法通りに作業をすることで、完成度が良い
  • 作業能率がとてもよく、生産性が良い

きっちり作業を進めていくことで、完成度が上がるだけではなく、生産性も格段に上がります。

下地がとっても大切だと、僕は思います。

ABOUT ME
Daishi Tsuneoka
【わたくし】 コッテ代表。美容師とポットキーパーの設計・開発をしてます。 【コッテとは?】 母体は美容室。僕自身、周りにいっぱい人がいて、わぁーーっとなっている美容室が嫌で、2005年ワンルーム型ヘアサロンを創業。 創業時からヘアサロンの備品などを設計・製造もしていて、プロダクトデザイン部門として2018年会社設立。 【ブログテーマ】 主に映画をテーマに、思ったことをそのまま書いています。 他 木工、ポットキーパーのあれこれ。結局、僕の好きなことを書いているという風ですね笑 【ポットキーパー】 弊社とプロダクトデザイン事務所と共同開発した、観葉植物を清潔に管理するための鉢皿です。