木工

ミニ集塵機の製作3 パーツ取付

パーツの取り付け

遠心分離のようなメカニズムで吸い込んだおが屑を缶の中に落としていきます。

塩ビパイプと差込口は規格が若干合いません。

そこでガムテープで厚みを微調整してがっちり差し込めるようにします。

裏から見るとこんな感じです。

吸い込みは掃除機で行い、ごみだけを缶に集めるというのがこの集塵機です。

ゴミだけ分けるのは、掃除機にごみを集めると、掃除機のごみを収集できる容量が小さくく、すぐにごみを処理しなければならなくなる手間を省けるようになります。

これでおおむね形にはなりました。

次は実際に使ってみたいと思います。

 

ABOUT ME
Daishi Tsuneoka
【わたくし】 コッテ代表。美容師とポットキーパーの設計・開発をしてます。 【コッテとは?】 母体は美容室。僕自身、周りにいっぱい人がいて、わぁーーっとなっている美容室が嫌で、2005年ワンルーム型ヘアサロンを創業。 創業時からヘアサロンの備品などを設計・製造もしていて、プロダクトデザイン部門として2018年会社設立。 【ブログテーマ】 主に映画をテーマに、思ったことをそのまま書いています。 他 木工、ポットキーパーのあれこれ。結局、僕の好きなことを書いているという風ですね笑 【ポットキーパー】 弊社とプロダクトデザイン事務所と共同開発した、観葉植物を清潔に管理するための鉢皿です。