木工

ミニ集塵機の製作 1

ゴミがない世界を

コッテ製作所の作業場はとにかく汚い。

毎回、木工作業のたびに自身がボロボロになる汚れっぷり。

ということで、集塵機のスモール版の製作に取り組む事にしました。

初めて取り組むものはだいたい失敗する

経験則ですが、初めて取り組むテーマの物事はだいたい上手くいきません

1割くらいの確率で上手くいき、9割以上はお金を出して、時間をかけてゴミを作り出す結果です。

2回目以降は成功率は、感覚ですが9割以上という感じです。

なので、今回の初号機は作り始める前から「まぁ、ダメだろう」と諦めムードで丁度良いです。

失敗に慣れる

失敗が確定した時、

「まーた、ゴミを作っちまった」

と思います。

でも、いろんなものを作ってきて、どーやってもこの過程は避けては通れぬところだと悟りました。

なので、最初から諦める事にしたというわけです。

今回はここまでです。

次回は取り付け部品のための加工をしていきます

ABOUT ME
Daishi Tsuneoka
【わたくし】 コッテ代表。美容師とポットキーパーの設計・開発をしてます。 【コッテとは?】 母体は美容室。僕自身、周りにいっぱい人がいて、わぁーーっとなっている美容室が嫌で、2005年ワンルーム型ヘアサロンを創業。 創業時からヘアサロンの備品などを設計・製造もしていて、プロダクトデザイン部門として2018年会社設立。 【ブログテーマ】 主に映画をテーマに、思ったことをそのまま書いています。 他 木工、ポットキーパーのあれこれ。結局、僕の好きなことを書いているという風ですね笑 【ポットキーパー】 弊社とプロダクトデザイン事務所と共同開発した、観葉植物を清潔に管理するための鉢皿です。